地蔵縁日法要

受付 本堂にて随時
※当日は水掛地蔵尊前にて午前7時
御供 任意
祈願日 2017年8月23日(水)
時間 午前7時より約40分
授与品 地蔵尊御守、御供
場所 萬霊地蔵尊→子安地蔵尊→入山大師像前→水掛地蔵尊前にて法要
※雨天は金堂(本堂)
必要事項 お名前、ふりがな、ご連絡先

受付していただいた方には、お名前を入れた「地蔵尊御守」をお授けしています。

水掛地蔵尊

金倉寺の水掛地蔵尊はその名前の通り、 お地蔵さんに水を掛けお願い事を聞いて頂きます。 「お地蔵さんに水を掛けるなんて失礼にならないの!?」 なんて声も聞こえてきそうです。

確かにお地蔵さんの顔や体にめがけ、力一杯に柄杓の水を散らし掛けるのであれば、 叶う願い事も叶わなくなりそうです。 でも、ご安心下さい。 仏教で水は「清浄」を意味し、 水を掛けるという行為は身を清めるということなのです。 また顔や体に水を掛けるのではなく、足元に水を掛けます。 これはお地蔵さんの足を洗うためで、お地蔵さんをもてなす大切な行為です。

お地蔵さんは六つの世界(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)を遊行されてますので、 その足を洗い、足の疲れをとって頂くために足元に水をかけるのです。 その奉仕活動のお礼として、お地蔵さんにお願い事を聞いて頂くのです。 心を込めてお地蔵さまに水を掛ければ、きっと皆様の願いを聞き届けて下さることでしょう。